どうしてもやめられないタバコを禁煙外来で辞める!

ゴールはすぐそこ?禁煙外来の治療期間

基本的には12週間で禁煙出来る?

一度カウンセリングを受け信頼できそうな医師や設備、過去に何度か禁煙に失敗しているので禁煙外来へ通う事にした。
スケジュールとしては12週を1クールと数え、その間に5回の診察を受けます。診察の内容は禁煙を始めてからどういった変化があったのか、思わずタバコを吸ってしまいそうになるのかどんな時なのかといったカウンセリングがベースです。治療経過に応じて処方箋を出すケースもありますので、例え禁煙中にタバコを吸ってしまっても包み隠さず医師に報告しましょう。
仮に12週を超えても禁煙が出来なかった場合は、医師と相談の上再度スケジュールを組み直す事もできるのでリラックスした気持ちで始めると良いですね。ちなみに禁煙外来へ通い、完全に禁煙した方は50%にも上ると言われています。

途中でやめるのは厳禁

何事にもいえることですが、やり遂げなければ意味がありません。
それは禁煙外来も同じです。医師からアドバイスをもらい、なんだかやめられそうな気がする。費用も掛かるしあとは自力で禁煙できるから、もう通わない。そこで本当に禁煙が出来ればよいですが、大半はタバコを吸ってしまい再度禁煙外来を訪れるケースがほとんどです。治療中にポジティブな考えを持つのはとても良いですが、決められた期間しっかり通う事で完全に禁煙出来る可能性がアップします。
ちなみに前の項目で禁煙外来を通いきった場合の禁煙率が50%と申したのですが、5回の診察の内、4回で通院をやめてしまうと禁煙率は25%まで下がります。たった1度の通院でこんなにも比率が変わるのなら、しっかりと通う方にメリットが多いのではないでしょうか。


この記事をシェアする