どうしてもやめられないタバコを禁煙外来で辞める!

禁煙ってどんな状態を指すの?

どんなところなのか?

自分で禁煙すると決めても、中々うまくいかず結局タバコを吸ってしまう。または少しずつ本数を減らす、またはタールの少ないタバコに変えて依存を低くしようと試みている。禁煙を考えている方がやってしまう、よくある間違いです。
本数を減らしてしまうとその分我慢をしてしまうので、ストレスが溜まり後になって爆発し禁煙失敗となりますし、タールの少ないタバコに変えると物足りなさから数が多くなってしまいます。
何度も失敗している方や、一度で完全に禁煙したい方には禁煙外来がおすすめです。禁煙外来は医師がアナタの喫煙状況をヒアリングし、そのサポートをしてくれる期間です。医療機関ですので、安全ですしセールスなどをする事もありません。

治療方法はどんな感じ?

禁煙外来と聞いて気になるのが治療方法についてです。初診ですぐに処方箋を出されることはほとんど無く、多くのケースがまず国が定めているテストを使って、ニコチン依存症なのかチェックをします。
ニコチン依存症はタバコを吸うと脳にあるニコチン受容体と結合し、快楽を感じさせるドーパミンが分泌されます。その快楽に依存し、ニコチンが切れるとイライラしたり落ち着かなくなったりするのです。
ニコチン依存症はカウンセリングや生活習慣の改善、または薬の服用で治療をしています。安全性の確認された薬ですので心配無用ですし、中にはニコチンがおいしくなくなるような成分が入っている薬もありますので、自然に禁煙が出来るようになっています。


この記事をシェアする