タバコは医療で辞められる?禁煙外来ではどんなことをするの?

どうしてもやめられないタバコを禁煙外来で辞める!

禁煙ってどんな状態を指すの?

医療の力で禁煙をサポートしてくれる禁煙外来は、どのような方法で治療をしてくれるのでしょうか?一般的には依存症なのか確認した上で、カウンセリングを行い医師からのアドバイスを受けます。 それでも改善がない場合はニコチンを含んだパッチを貼る、または服用で改善すると言われています。

やっぱり気になる費用について

禁煙を決意し禁煙外来へ足を運んだのは良いけれど、気になるのが費用についてです。実はアナタが思っている以上にリーズナブルに治療が出来ますし、医療機関での受診になるので保険が適用するケースもあります。 ここでは禁煙外来へ通う際のコストについて説明しています。

禁煙外来ってどんなところ?どんな治療があるの?

タバコを吸っている方が「今月から禁煙している。」「何度も禁煙に失敗してしまった。」ということはありますが、禁煙って実際のところどういった状態でしょうか?数か月やめれば禁煙成功?またはタバコを吸いたいという気持ちがなくなれば禁煙は成功でしょうか?
その線引きは個々によっても曖昧ですが、一般的には3ヶ月で、身体からニコチンがなくなるといわれています。しかし長年タバコを吸っていると肺がタールやニコチンで汚れてしまいます。その汚れがなくなるのは1年後と言われているので、厳密には1年間タバコを吸わなければ禁煙は成功といえます。もちろん中には1年経過した後にもタバコを口にする方もいますが、依存症からは抜け出しているので1本吸ったからといって以前の様にタバコを欲しいとは思いません。ちなみに禁煙から2~4年で狭心症や心筋梗塞といった心臓病のリスクが喫煙者よりも低くなりますし、更に10~15年経過すると咽頭がんのリスクが喫煙者に比べると60%も低下します。それ以降は肺がんのリスクが70%も低下すると言われていて、禁煙をするデメリットはありません。
しかし既に習慣になってしまいやめたくてもやめられないというケースがほとんどです。自力で頑張ってもどうしてもタバコを吸ってしまう、そんな時は思い切って禁煙外来のドアを叩いてみてください。数々の患者さんを禁煙に導いた医師が、アナタをしっかりサポートしてくれます。これから禁煙を検討している方におすすめの情報を掲載しています。

ゴールはすぐそこ?禁煙外来の治療期間

辛い禁煙は一体どのくらい経過すれば楽になるのでしょうか?禁煙外来ではある程度のゴールを定めているのですが、そのゴールの判定基準や再発しないためのアドバイスを公開しています。 何度も禁煙に失敗している方にお勧めの情報ですので、参考にしてみてください。